脱原発「一人闘争」の裏 財界重鎮が支援する“小泉シンクタンク”は空中分解

原発

2013/11/21 07:00

 順風満帆に見えた安倍政権のど真ん中に、突如落下した“小泉爆弾”。ひたすら脱原発を唱えるその心は、政局好きの血が騒いだ果ての戯れか、もしくは弟子の安倍晋三首相への親心か。騒動の発端は8月26日。毎日新聞のコラム「風知草」が、小泉純一郎氏がフィンランドの使用済み核燃料の最終処分場「オンカロ」を視察し、「脱原発」の確信を深めたと報じたことだった。11月12日の会見では約350人の報道陣を前に、安倍首相に「脱原発」を迫った。
 
 小泉旋風の真相を解く“カギ”と注目されるのは、謎のシンクタンクだ。

あわせて読みたい

  • 安倍首相 財界人脈“密着度ランキング”第1位は?

    安倍首相 財界人脈“密着度ランキング”第1位は?

    週刊朝日

    8/26

    日立・会長が“財界総理”に 政財一体で原発推進が加速か

    日立・会長が“財界総理”に 政財一体で原発推進が加速か

    週刊朝日

    3/9

  • 自民党を再びぶっ壊す 小泉反原発政局の全貌

    自民党を再びぶっ壊す 小泉反原発政局の全貌

    週刊朝日

    1/23

    小泉・細川「脱原発」連合 次の一手

    小泉・細川「脱原発」連合 次の一手

    週刊朝日

    5/8

  • 衆院480人原発「小泉度」大アンケート 原発推進の回答少ない自民党

    衆院480人原発「小泉度」大アンケート 原発推進の回答少ない自民党

    週刊朝日

    12/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す