TPP「聖域」ゼロで日本の「主食」が崩壊する?

TPP

2013/10/31 07:00

 年内の合意をめざすTPP(環太平洋経済連携協定)の交渉が佳境を迎えた。自民党は当初、農産物の「重要5項目」を守ると言い続けてきたが、最近は譲歩しそうな雰囲気も漂う。この「聖域」の関税がなくなっても、農業は大丈夫なのか。日本にどんな影響を及ぼすのか。「聖域」をすべて守った場合と、すべて関税ゼロになった場合について、関西大学の高増明教授(国際経済学)に試算をしてもらった。

あわせて読みたい

  • TPP後の日米交渉 農業は崖っぷちに

    TPP後の日米交渉 農業は崖っぷちに

    TPP

    AERA

    2/22

    藤巻健史氏 「農業はTPPよりも為替が問題だ」
    筆者の顔写真

    藤巻健史

    藤巻健史氏 「農業はTPPよりも為替が問題だ」

    週刊朝日

    3/5

  • 桜を見る会だけじゃない! 日米貿易協定では外務省が文書を改変 元国際交渉官「内容は令和の不平等条約」

    桜を見る会だけじゃない! 日米貿易協定では外務省が文書を改変 元国際交渉官「内容は令和の不平等条約」

    dot.

    11/15

    「10年後にコメは関税ゼロになる」元農水相が予告

    「10年後にコメは関税ゼロになる」元農水相が予告

    週刊朝日

    11/26

  • TPP大筋合意優先で交渉は国益放棄 日本の損害は1兆円超に

    TPP大筋合意優先で交渉は国益放棄 日本の損害は1兆円超に

    TPP

    週刊朝日

    10/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す