ダイアナ元妃の事故死、陰謀説が再燃 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ダイアナ元妃の事故死、陰謀説が再燃

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
ダイアナ元妃を悼み、事故現場の近くには多くの花束が供えられた (c)朝日新聞社 

ダイアナ元妃を悼み、事故現場の近くには多くの花束が供えられた (c)朝日新聞社 

 ダイアナ元妃の死因をめぐって陰謀説が再燃している。発端は、今年8月にロンドン警視庁が、「内容は明らかにできない」としながらも、元妃の死因に関する新情報を現在調査中であると発表したからだ。

 元妃の死因をめぐっては長年、陰謀説が根強くささやかれてきた。ロンドン高等法院では死因を調査する審問が何度も開かれ、関係者278人への調査で約20億円が注ぎ込まれた。この審問の中で、元妃が「自動車事故に見せかけて殺される」と、亡くなる10カ月前に自身の不安をつづったメモを、元妃の元執事が提出するなど、世界的に注目を集める証言も出た。

 ただ、死因論争は、2008年に同院が、元妃の死因は「事故死」とする評決を出したことでいったん、収まった。しかし、ここにきてロンドン警視庁の新たな発表。メディアの報道を総合すると、英陸軍の特殊空挺部隊「SAS」の元妃の事故死への関与が指摘され始めたのだという。

 というのもSASの兵士が元妻に、「ダイアナ元妃の死にはSASの××が関与しており、それは隠蔽された」と話したのを、元妻の両親が英軍とロンドン市警に伝えたのだという。

 だが、英国防省は「ロンドン市警の問題だ」と強調。英王室も「チャールズ皇太子、ウィリアム王子、ヘンリー王子もコメントはしない」と騒ぎを一蹴する反応に徹しており、真偽のほどは定かではない。

週刊朝日  2013年11月1日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい