2020年に向け高騰 資産価値上がる「五輪マンション」

五輪

2013/09/18 16:00

 2020年の東京五輪開催が決まり、熱い視線が注がれ始めた不動産業界。五輪特需の恩恵を最も受け、資産価値を上げる可能性が高いのは、やはり湾岸エリアの中央区の勝どき駅周辺のマンションだと住宅評論家の櫻井幸雄氏はいう。

あわせて読みたい

  • 話題のマンション「晴海フラッグ」 売り出し価格はかなり低くなると予想されるワケは…

    話題のマンション「晴海フラッグ」 売り出し価格はかなり低くなると予想されるワケは…

    AERA

    4/20

    逆張りも視野に 五輪で期待される不動産高騰エリア

    逆張りも視野に 五輪で期待される不動産高騰エリア

    週刊朝日

    9/19

  • 五輪延期で…“選手村”マンションが湾岸タワマン暴落の引き金に?

    五輪延期で…“選手村”マンションが湾岸タワマン暴落の引き金に?

    週刊朝日

    7/23

    交通手段はバスだけ それでも晴海フラッグが「買い」な理由

    交通手段はバスだけ それでも晴海フラッグが「買い」な理由

    dot.

    8/22

  • 五輪効果は? 11月中旬販売再開の選手村マンション「晴海フラッグ」の今後

    五輪効果は? 11月中旬販売再開の選手村マンション「晴海フラッグ」の今後

    週刊朝日

    8/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す