汚染水でフクイチは崩壊寸前 安倍政権の”五輪ファシズム”が国を滅ぼす

五輪

2013/09/12 07:00

 2020年の東京五輪が決定した。だが、安倍政権の“五輪ファシズム”のおかげで、対応が後手になっている福島第一原発の汚染水漏れ問題が断末魔だ。地下水から高濃度のストロンチウムが検出されるなど事態は泥沼化。出口の見えないこの問題は国を滅ぼしかねない。

あわせて読みたい

  • 東電への国費投入が「9月3日」だった理由

    東電への国費投入が「9月3日」だった理由

    AERA

    9/27

    汚染水漏れのタンク「ふざけてるとしか思えない仕様」

    汚染水漏れのタンク「ふざけてるとしか思えない仕様」

    AERA

    9/19

  • 室井佑月 「こんな切ないこと、子供にいわせるんじゃねぇ」
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月 「こんな切ないこと、子供にいわせるんじゃねぇ」

    週刊朝日

    8/30

    東電に追い風? 汚染水問題に変化現る

    東電に追い風? 汚染水問題に変化現る

    週刊朝日

    10/2

  • 東電、国費投入で「銀行にとって最高のお客さん」に

    東電、国費投入で「銀行にとって最高のお客さん」に

    AERA

    11/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す