【アキ 太巻対談(1)】能年玲奈 あまちゃんの次は“お色気路線”でいく? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【アキ 太巻対談(1)】能年玲奈 あまちゃんの次は“お色気路線”でいく?

このエントリーをはてなブックマークに追加

現代の肖像 古田新太 (eAERA) [Kindle版]

神山典士著/今井一詞写真

B00JR5M4YO

amazonamazon.co.jp

 人気絶頂のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」。現在放映中の東京編で共演する、能年玲奈さん(20)と古田新太さん(47)の対談が実現した。

*  *  *
古田:共演してみてイメージが変わった人はいる?

能年:水口さん(松田龍平)、おもしろい方でした……。(笑い)

古田:あいつ、あんなにロー・テンションで、玲奈ちゃんとかユイちゃん(橋本愛)に話しかけて、からかって遊んでるじゃない。「龍平って、仕事とかやる気ないのかな?」とか思ってたわけ。でも飲み屋で飲んでると、演技についてとかすごく熱く語るんだよ。「あ、こいつやる気あったんだ!」って。(笑い)

能年:松田さん、ゾンビの物まねが得意みたいで、こないだ“ゾンビの行進”をお見舞いされました。白目剥(む)いて、向かってきました。

古田:怪しい人が多いんだよね。でも玲奈ちゃんって、共演者とあまりしゃべんないよね。

能年:緊張するんです。普段でも初対面の方だと緊張します。

古田:でも中学のときバンドをやってたんだよね? 人前に立つのは好きだったんだ?

能年:そうですね。絵も好きでイラストレーターとか……いろいろやりたくて。

古田:「あまちゃん」が終わったらどんな役やりたい?

能年:アクションものがやりたいです。

古田:龍平は「お色気路線で推したほうがいい」って言ってた。

能年:ひどいですよね(笑い)。できないと思います。

古田:でもアクションやってもアンジェリーナ・ジョリーみたいに色っぽい人もいるじゃん。「キル・ビル」のユマ・サーマンとか。

能年:そうですね、カッコイイ色気だったらなんとか……。がんばりたいです。

週刊朝日  2013年8月16・23日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい