『はだしのゲン』にみる人の醜さと不条理な衝動 呉智英が語る

2013/08/03 11:30

『はだしのゲン』がなければ、被爆の悲惨な実態がここまで伝わってこなかったのではなかろうか。今年は週刊少年ジャンプでの連載が始まってから40年。作者の中沢啓治さんが昨年12月に亡くなってから、初めての夏となる。中沢さんにもマンガへの造詣の深さを認められた評論家の呉智英(くれともふさ)さんに「ゲン」への思いを語ってもらった。

あわせて読みたい

  • 『はだしのゲン』続編の舞台は原発大国フランスだった…

    『はだしのゲン』続編の舞台は原発大国フランスだった…

    週刊朝日

    8/6

    ライムスター・宇多丸 自作の曲にも登場する『はだしのゲン』

    ライムスター・宇多丸 自作の曲にも登場する『はだしのゲン』

    週刊朝日

    8/5

  • 「残酷な描写が多くてもぜひ子どもに」 野口健が語る『はだしのゲン』

    「残酷な描写が多くてもぜひ子どもに」 野口健が語る『はだしのゲン』

    週刊朝日

    8/4

    ジャンプ展第1弾が18日から開催 「はだしのゲン」や「ハレンチ学園」などの原画展示 手塚治虫や松本零士など巨匠の名前も

    ジャンプ展第1弾が18日から開催 「はだしのゲン」や「ハレンチ学園」などの原画展示 手塚治虫や松本零士など巨匠の名前も

    dot.

    7/17

  • 原水爆漫画コレクション(1)曙光

    原水爆漫画コレクション(1)曙光

    週刊朝日

    9/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す