山口連続殺人 トラブルの元凶は改造愛車と愛犬?

2013/08/01 11:30

 山口県周南市の連続殺人・放火事件で、山に潜んでいた保見光成(ほみこうせい)容疑者(63)が7月26日に逮捕された。山深い“限界集落”の住民14人中、5人を次々と撲殺し、家々に火を放った動機について、いまだ口をつぐんでいる保見容疑者。だが、容疑者の自宅からは近所の住民らを名指しで恨み言を書いた「貼り紙」のようなものが複数、押収されているという。なぜ、恨みを抱くようになったのか。男はたびたび集落の中でトラブルを起こし、徐々に孤立していった…。

あわせて読みたい

  • 山口連続殺人 容疑者は「ジキルとハイド」だった?

    山口連続殺人 容疑者は「ジキルとハイド」だった?

    週刊朝日

    8/1

    平成の八つ墓村事件 初公判で証人警官を“脅した”保見被告

    平成の八つ墓村事件 初公判で証人警官を“脅した”保見被告

    週刊朝日

    7/1

  • 死刑が確定した山口県の「八つ墓村事件」被告が獄中で愛犬の死に涙  詠んだ句 

    死刑が確定した山口県の「八つ墓村事件」被告が獄中で愛犬の死に涙 詠んだ句 

    週刊朝日

    7/11

    山口県で起きた連続殺人放火事件。限界集落の闇にルポライターが単身で挑む!

    山口県で起きた連続殺人放火事件。限界集落の闇にルポライターが単身で挑む!

    BOOKSTAND

    2/4

  • 暴力事件は20年前の50倍 キレる高齢者を生む条件

    暴力事件は20年前の50倍 キレる高齢者を生む条件

    週刊朝日

    8/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す