宮崎駿「風立ちぬ」は「火垂るの墓」への回答 専門家が指摘

憲法改正

2013/07/28 07:00

「憲法を変えるなどもってのほか」――。アニメ映画「風立ちぬ」が公開されたばかりの宮崎駿監督が、スタジオジブリ発行の小冊子「熱風」で、憲法改正に断固反対する考えをつづっている。長らく控えてきた政治的発言を、今なぜ語るのか。

あわせて読みたい

  • 「風立ちぬ」ヒロインの声・瀧本美織が宮崎駿らに悩まされたこと

    「風立ちぬ」ヒロインの声・瀧本美織が宮崎駿らに悩まされたこと

    週刊朝日

    7/24

    ジブリがauのスマホ向けに「ジブリ名場面劇場」の配信をスタート

    ジブリがauのスマホ向けに「ジブリ名場面劇場」の配信をスタート

    BOOKSTAND

    5/10

  • 高畑勲と宮崎駿、巨匠2人を

    高畑勲と宮崎駿、巨匠2人を"ジブリ色"で支えた女性の存在とは?

    BOOKSTAND

    10/14

    宮崎駿と高畑勲が語る「お互いの作品で一番好きなアニメ」

    宮崎駿と高畑勲が語る「お互いの作品で一番好きなアニメ」

    BOOKSTAND

    4/18

  • 映画『風立ちぬ』 庵野秀明起用の理由は「ボソッと喋るから」

    映画『風立ちぬ』 庵野秀明起用の理由は「ボソッと喋るから」

    BOOKSTAND

    9/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す