「環境省が片付けたことは言わないで」福島警戒解除区域の火災で起きた不可解

原発

2013/07/26 07:00

 福島第一原発の事故後、警戒区域だった地区で今年5月、火災があり、住宅が全焼した。報じられていないが、この火災には警戒区域が解除された地区だったための事情があって、被害が拡大した可能性がある。「国境なき記者団」日本特派員の瀬川牧子氏が取材した。

あわせて読みたい

  • 3月7日は「消防記念日」。火災対策は大丈夫ですか?

    3月7日は「消防記念日」。火災対策は大丈夫ですか?

    tenki.jp

    3/7

    【独自調査】熱海だけじゃない「土砂災害リスク」の高い自治体 草津町や伊豆市は?

    【独自調査】熱海だけじゃない「土砂災害リスク」の高い自治体 草津町や伊豆市は?

    dot.

    7/10

  • 東京23区でも土砂崩れ? 中古マンションで見落としがちな3視点

    東京23区でも土砂崩れ? 中古マンションで見落としがちな3視点

    AERA

    10/16

    福島県飯舘村で「移住者101人」 避難指示解除から3年余り、戻らない住民も多い一方で

    福島県飯舘村で「移住者101人」 避難指示解除から3年余り、戻らない住民も多い一方で

    AERA

    10/5

  • 警察と2時間問答、副町長は「風呂は贅沢だ」…警戒区域の生活

    警察と2時間問答、副町長は「風呂は贅沢だ」…警戒区域の生活

    週刊朝日

    3/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す