市議会議員「子宮頸がんワクチンは戦後最大の薬害事件」

がん

2013/07/23 11:30

「子宮頸がんの撲滅」をうたって国が勧めてきたワクチン接種(ワクチン名:サーバリックス)が、それまで健康だった若い女性たちに、激しい痛みやけいれん、歩行困難といった重い副作用を生んでいる。

あわせて読みたい

  • 子宮頸がんに関する記事一覧

    子宮頸がんに関する記事一覧

    1/1

    子宮頸がんワクチン被害 “置き去り”にされ自治体が救済へ

    子宮頸がんワクチン被害 “置き去り”にされ自治体が救済へ

    週刊朝日

    4/29

  • 子宮頸がんワクチンの「体調不良」 具体的症状は

    子宮頸がんワクチンの「体調不良」 具体的症状は

    AERA

    6/30

    副作用で「けいれんが止まらない!」 子宮頸がんワクチンは“薬害”になる

    副作用で「けいれんが止まらない!」 子宮頸がんワクチンは“薬害”になる

    週刊朝日

    7/23

  • 「新しい病気」専門医も困惑する子宮頸がんワクチン被害

    「新しい病気」専門医も困惑する子宮頸がんワクチン被害

    週刊朝日

    4/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す