桑田佳祐が「励まされる」ベテラン歌手の存在 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

桑田佳祐が「励まされる」ベテラン歌手の存在

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 2008年から活動を休止していた国民的バンド、サザンオールスターズ(SAS)が、6月25日、5年ぶりに復活することを発表した。これまで数々の作品を生み出し、ヒットさせてきたSAS。しかしリーダーの桑田佳祐さんからは、時には弱気が見え隠れすることもあったという。音楽評論家の岡村詩野さんは、食道がん手術後に復帰した彼の様子を次のように振り返る。

*  *  *
 裏側ではすべてが順風満帆ではなかっただろうし、2008年以前に活動を停止させたこともある。35年も続けていればどんな人間にも浮き沈みがあるわけだが、わけてもほとんどの曲を作詞作曲する桑田は、壁にぶつかってもその都度ポジティヴなエネルギーに転化させ、それを推進力としながら時代を切り開いてきた。

 その姿は、80年代にバブル景気を迎え、やがて崩壊するも前向きに立て直しをはかり、したたかに生き抜いてきた日本の社会のリーダー像にも重なる。そう、デビューから35年間、SASは、桑田佳祐は、日本の音楽シーンに欠かせない存在であるばかりか、社会を支える「清き日本人の代弁者」でもあってきたのだ。

 活動休止発表後の2010年に、桑田佳祐は初期の食道がんを告白した。ソロ活動も含めた全ての音楽活動を停止させて手術に踏み切り、そして成功。その年の暮れの紅白歌合戦に出演して復帰と再開を伝えたことは記憶に新しい。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい