ジャパネットの高田社長 台本なしのしゃべりの魅力 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジャパネットの高田社長 台本なしのしゃべりの魅力

週刊朝日
テレビ通販ですっかり人気者となった高田氏、今年は覚悟の年?(※イメージ)

テレビ通販ですっかり人気者となった高田氏、今年は覚悟の年?(※イメージ)

高田:いや、「あの声聞いたら、夜眠れない」って言われますよ(笑)。今は僕以外にしゃべり手が十何人、ラジオを入れたら17人ぐらいいます。

林:ときどき違う方がやっていますけど、でもやっぱり、社長がいちばんインパクトありますよ。

高田:今からの課題は、若い人がどうこれを引き継いでいくかですね。僕も還暦を過ぎて、いま64歳ですから、「今年は覚悟の年」と言ってましてね。僕、取材のときに必ず申し上げているんですけど、今年、過去最高益が出なかったら社長をやめることになっているんです。

林:え、そんな……。

高田:それは宣言してますから、全社員それを認識しています。それだけみんな今年2013年はすごい覚悟をもって取り組んでいますよ。若い人には、走りながらバトンタッチしていかなきゃいけない。若者が結集して「ジャパネット」という会社を100年続けさせろ、と号令をかけているんです。

週刊朝日 2013年5月17日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい