トヨタ「内部留保」を積んでも、いまだ残る恐怖とは

2013/03/19 07:00

 ボーナスの「満額回答」が相次いだ今年の春闘。労働者側からは喜びの声も上がるが、一方で基本給を一律に上げるベースアップをする企業はほとんどない。企業には、従業員に還元する余力はないのだろうか。そこで浮かび上がるのが、企業が長年にわたってため込んだ「貯金」である「内部留保」だ。労働総研の藤田宏・事務局次長は、現在の状況をこう批判する。

あわせて読みたい

  • 春闘で賃金急上昇! 安倍政権による「介入」は必要悪だった

    春闘で賃金急上昇! 安倍政権による「介入」は必要悪だった

    週刊朝日

    3/25

    過去最高収益でも給料減 企業がため込む不安と内部保留

    過去最高収益でも給料減 企業がため込む不安と内部保留

    週刊朝日

    1/15

  • 「この国にもう余力はない」 賃金8割支給がイギリスにできて、日本にできない理由

    「この国にもう余力はない」 賃金8割支給がイギリスにできて、日本にできない理由

    AERA

    5/6

    あっという間に公約を撤回…岸田新政権の「新しい日本型資本主義」に期待できないワケ

    あっという間に公約を撤回…岸田新政権の「新しい日本型資本主義」に期待できないワケ

    プレジデントオンライン

    10/13

  • 法人税逃れ大国ニッポン 消費増税で内部留保463兆円のカラクリ

    法人税逃れ大国ニッポン 消費増税で内部留保463兆円のカラクリ

    週刊朝日

    9/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す