腎がんにはロボット手術が有効 「今後増える」と専門医

がん

2013/02/16 16:00

 これまで腎がんの手術は、脇腹を20センチほど切開する、開腹手術による根治的腎摘除術(全摘)が主流だった。しかし、現在ではまだ先進医療や保険の認可は降りていないが、腎がんの部分切除ではロボットによる腹腔鏡下(ふくくうきょうか)手術が有用だという。この方法の第一人者であり、腎移植も手がける、神戸大学泌尿器科診療科長の藤澤正人医師(同大教授)に聞いた。

あわせて読みたい

  • 腎がん治療「ロボット手術」 2016年保険承認目指す

    腎がん治療「ロボット手術」 2016年保険承認目指す

    週刊朝日

    2/3

    腎臓1つをすべて切除していた「腎がん」の治療に変化! 部分切除が主流になった理由とは?

    腎臓1つをすべて切除していた「腎がん」の治療に変化! 部分切除が主流になった理由とは?

    dot.

    2/2

  • がん公表おぎやはぎ小木博明、健康オタクで助かった? 腎細胞がん早期発見は機能温存も

    がん公表おぎやはぎ小木博明、健康オタクで助かった? 腎細胞がん早期発見は機能温存も

    dot.

    8/14

    4人に1人は腹腔鏡下手術の胃がん 将来はロボット化も

    4人に1人は腹腔鏡下手術の胃がん 将来はロボット化も

    週刊朝日

    8/31

  • 【腎がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    【腎がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    dot.

    3/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す