“従順度”によって当局からランク分けされる中国メディア

中国

2013/01/21 22:00

 独自の調査報道や政治改革を訴える論調で人気のある、中国の週刊新聞「南方週末」で起きた“社説改竄”問題。1月3日付の新年特別号で「憲政実現」を求める社説を掲載する予定だったが、直前になって党宣伝部が編集長らに「中華民族の復興調」の内容に書き換えるよう命じた。それを知った記者たちが反発。昨年5月に国営新華社通信副社長から転任してきた宣伝部長の辞任を求めて立ち上がった。

あわせて読みたい

  • 共産党の研修なしに記者証発行されず 中国メディアの特異性

    共産党の研修なしに記者証発行されず 中国メディアの特異性

    週刊朝日

    1/22

    中国・新聞改竄の部長は「原稿が書けない」

    中国・新聞改竄の部長は「原稿が書けない」

    AERA

    1/16

  • フェイスブック革命に怯える中国「検閲」の戦慄

    フェイスブック革命に怯える中国「検閲」の戦慄

    週刊朝日

    5/10

    津田大介「倫理が問われるグーグルの中国再進出計画」
    筆者の顔写真

    津田大介

    津田大介「倫理が問われるグーグルの中国再進出計画」

    週刊朝日

    8/24

  • amazarashi、文化庁メディア芸術祭で受賞した武道館公演を配信

    amazarashi、文化庁メディア芸術祭で受賞した武道館公演を配信

    Billboard JAPAN

    6/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す