橋爪功が蒼井優にびっくり そのワケは? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

橋爪功が蒼井優にびっくり そのワケは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 小津安二郎監督の「東京物語」へのオマージュ作品といわれる映画「東京家族」(山田洋次監督)がまもなく公開される。主演の橋爪功が作家・林真理子との対談で、共演者の蒼井優をこう評した。

*  *  *
林:最後、蒼井優ちゃんが島を離れるときのシーン、「東京物語」では笠智衆さんが原節子さんに「あんたはいい人じゃよ」って言うと、原さんは「とんでもない。私、ずるいんです!」ってはっきりとした口調で言いますよね。

山田監督はこれをどう対処するのかなと思ったら、蒼井優ちゃんに「私、無視されてるのかしら」「来るんじゃなかった」なんて言わせたから、ああ、こうやったのか、非常に現代的だなと思いました。

橋爪:なるほどね。蒼井優が恋人役の妻夫木聡に「自分で(お父さんに)言いなさい。私、いやよ」って言うシーンも、なかなか上手だなと思いましたね。

林:蒼井優ちゃんって、すばらしいですね。

橋爪:ふだんは本当にふつうなんですよ。映るとなんであんなによく見えちゃうんでしょうね。(笑)

林;可愛いですよ。

橋爪:いざ演技となると、本当に可愛いのよ。一緒にやっていても見とれちゃうくらい。

林:天使みたいに可愛いですよね。

橋爪:ふだんはぜんぜん天使みたいじゃなくて、さばさばしてる感じなのにね(笑)。たとえば、明治の女をやることになって、着物を着て演技をすると本当に明治の女に見えちゃうから、すごいんですけど。

林:いろんな役ができるんですね。

橋爪:相当ウデが確かじゃないと、ああいう切り替えはできないと思うんです。センスがいいというのか頭がいいというのか、まあびっくりしましたね。

週刊朝日 2013年1月4・11日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい