古賀連合会長 「私が民主党を見捨てない理由」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

古賀連合会長 「私が民主党を見捨てない理由」

このエントリーをはてなブックマークに追加
解散しないことで妙な安定感を見せる野田首相。支える側もそんなに楽じゃありません (c)朝日新聞社 

解散しないことで妙な安定感を見せる野田首相。支える側もそんなに楽じゃありません (c)朝日新聞社 

 内閣改造後すぐに田中慶秋法相(74)が辞任し、支持率も野田内閣の発足以来、最低の18%となった民主党。しかし、「応援団長」として寄り添い続けてきた日本労働組合総連合会(連合)のトップに立つ古賀伸明会長(60)は、それでも民主党を見捨てないという。その理由とは?

*  *  *
――10月3日の連合の中央委員会で、引き続き民主党を支持することを表明しました。ジレンマはなかったですか。

 まったくありません。いろいろな課題があっても、生活者や労働者、納税者目線の政策スタンスは、民主党がいちばん近い。政党と労組は、役割と機能が違うから、政策がすべて一致するわけじゃない。優先順位が違う場合もある。それでも本音で議論できる民主党との今までの長い歴史を、大切にしていく必要があると思います。

 ただし、議員個々人については、地方連合会だけでなく産業別組織でもいろいろな評価があります。民主党の公認候補が自動的に連合の推薦候補になるわけではありません。与党になりこれまで見えなかったことが見えだしました。本当に我々の政策を推進していくのか、議論できる人なのかを見極めないといけません。

週刊朝日 2012年11月9日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい