性交渉での「HPV感染」が子宮頸がんを招く

がん

2012/08/24 16:00

 最近では、性交渉開始の低年齢化や生活スタイルの欧米化などから、子どもを産む前の20~30代に発症するケースが増えてきた子宮頸がん。日本婦人科腫瘍学会の治療ガイドライン作りに携わり、ライフワークの一つとして子宮頸がんの検診推進に取り組む熊本大学医学部付属病院産科・婦人科教授の片渕秀隆医師に、子宮頸がんの最近の傾向と予防について聞いた。

あわせて読みたい

  • 子宮頸がんワクチン 積極的勧奨が中止のままの日本にあるこれだけのリスク 

    子宮頸がんワクチン 積極的勧奨が中止のままの日本にあるこれだけのリスク 

    dot.

    11/4

    コロナ禍で子宮頸がんワクチン積極勧奨再開先送りで圧倒的出遅れをどうする?
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    コロナ禍で子宮頸がんワクチン積極勧奨再開先送りで圧倒的出遅れをどうする?

    dot.

    9/8

  • 20、30代から罹患リスクある「子宮頸がん」 性行為前のワクチン接種を

    20、30代から罹患リスクある「子宮頸がん」 性行為前のワクチン接種を

    週刊朝日

    4/27

    子宮頸がんワクチン 日本で積極的勧奨中止のままだと5000人以上が死亡する
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    子宮頸がんワクチン 日本で積極的勧奨中止のままだと5000人以上が死亡する

    dot.

    7/1

  • 「マザーキラー」子宮頸がんだけじゃない高リスク 医師が解説する「HPV」とは?
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    「マザーキラー」子宮頸がんだけじゃない高リスク 医師が解説する「HPV」とは?

    dot.

    8/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す