神戸「女児5人強姦事件」を大手マスコミが無視したことの罪 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

神戸「女児5人強姦事件」を大手マスコミが無視したことの罪

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

※イメージ

※イメージ

 毎年およそ3千件の刑事事件が裁判員裁判の対象にあたり、このうち約2割が強姦致死などの凶悪な性犯罪。しかし、日々の新聞記事の中では、ほとんど目にすることがない。ニュースキャスターの辛坊治郎氏は、日本の抑制的な性犯罪報道について疑問を投げかける。

*  *  *
 何故これがベタ記事なのか全く理解できない。ベタ記事どころか、関西で編集発行される全国紙をざっと見た限りでは、このニュースは朝日新聞の社会面にしか掲載されておらず、他のメディアは完全に無視した。

 判決文から事件の概要を拾ってみよう。

「神戸市北区の無職大原高光被告(24)は、2010年5月から2010年の10月にかけて、神戸市内で4歳から8歳の女児5人を公園の木陰や団地の空き室に連れ込み、わいせつ行為を繰り返した。女児の顔にカッターナイフを近づけ、『パンツを脱げ』と脅したこともあった。いずれも裸の写真や動画を撮影し、『写真をばらまく』などと脅して口止めしていた」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい