年中無休ですべての緊急症例を受け入れる大阪岸和田の心臓外科医 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

年中無休ですべての緊急症例を受け入れる大阪岸和田の心臓外科医

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 週刊朝日では手術数という客観的なデータを病院選びの指標にしてもらうため、「手術数でわかる いい病院」という調査報道を10年前から継続して行っている。

 近畿地方の心臓手術数は、大阪勢の国立循環器病研究センター、大阪大学病院、岸和田徳洲会病院が上位を占めた。大阪府の泉南地域の心臓手術を数多く引き受けるのが、大阪3位の岸和田徳洲会病院だ。院長・心臓血管センター長を務める東上震一(ひがしうえしんいち)医師はこう話す。

「私たちは、24時間365日、患者を断らない医療を方針にして、緊急症例をすべて受け入れてきました。今後も救急救命センターをさらに充実させていきたいと考えています」

 東上医師は、同院で20年間、これまで通算で約6千例の手術を実施してきた。現在は、難易度の高い手術ができる医師3人と、その手技を受け継ぐ若い医師2人が日々研鑽(けんさん)している。

「以前は冠動脈バイパス術が、成人の心臓手術の約7割を占めていましたが、最近は大動脈瘤や弁膜症の手術が増えています。ここ数年の傾向としては、単独の冠動脈バイパス術が減り、弁膜症や大動脈疾患を同時に手術する複合手術が増えています。その理由は、CT(コンピューター断層撮影)を中心とした検査機器が進歩して、診断技術が格段に上がり、高齢者に対する手術が安全にできるようになったためです」(東上医師)

※週刊朝日 2012年8月10日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい