「ゴッドハンド」須磨久善医師が3カ月で医大に合格した方法

2012/07/21 07:50

 日本初のバチスタ手術を成功させ、手がけた心臓手術は5千件以上。「ゴッドハンド」といえる心臓外科医・須磨久善氏の人生はこれまでにもプロの作り手たちにより、小説やドラマに描かれてきた。そんな須磨氏だが、医大に入ろうと考えたのは高校3年からと遅く、にもかかわらずストレートで合格したというエピソードの持ち主。作家の林真理子氏が当時の様子を聞いた。

あわせて読みたい

  • 中村勘三郎さん “ホステス”黒木瞳を口説いた伝説は「本当の話」

    中村勘三郎さん “ホステス”黒木瞳を口説いた伝説は「本当の話」

    週刊朝日

    5/9

    婚活実らぬ大林素子 原因は仕事と“歴女すぎる”私生活?

    婚活実らぬ大林素子 原因は仕事と“歴女すぎる”私生活?

    週刊朝日

    8/6

  • 西川史子が明かす 女子減点問題「当たり前」発言の真意とは?

    西川史子が明かす 女子減点問題「当たり前」発言の真意とは?

    週刊朝日

    9/17

    “チャラさ”も戦略? IT社長・前田裕二の今をつくった女子とは

    “チャラさ”も戦略? IT社長・前田裕二の今をつくった女子とは

    週刊朝日

    5/27

  • 原因は閉塞感?欧米の大学でダンスや人脈作りに励む高校生

    原因は閉塞感?欧米の大学でダンスや人脈作りに励む高校生

    AERA

    8/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す