辛坊治郎氏 「発電コストは千差万別なのに、電気料金は全国ほぼ同一」を指摘

原発

2012/07/05 07:00

 東日本大震災に伴う原発事故は、日本人の「脱原発」の機運を高め、さらに電力会社の体質を私たちに知らせるきっかけとなった。ニュースキャスターの辛坊治郎氏はテレビ番組で電気料金の算定方法を解説したところ、某電力会社から「誤解があるようなので、詳しく説明したい」と連絡があったという。説明を聞き、素朴な疑問が芽生えたという。

あわせて読みたい

  • 単身者は損も? 電力会社乗り換え「月◯千円以上の使用ないとメリット薄」の声

    単身者は損も? 電力会社乗り換え「月◯千円以上の使用ないとメリット薄」の声

    AERA

    2/16

    辛坊治郎氏 「高すぎる電力買い取り価格は『原発回帰』への罠」

    辛坊治郎氏 「高すぎる電力買い取り価格は『原発回帰』への罠」

    週刊朝日

    6/2

  • 5月値上がりで「電力」のサービス合戦激化 選ぶポイントは付加価値?

    5月値上がりで「電力」のサービス合戦激化 選ぶポイントは付加価値?

    週刊朝日

    4/14

    原発は低コストのウソ「原発廃絶なら値上げ」は恫喝だ!

    原発は低コストのウソ「原発廃絶なら値上げ」は恫喝だ!

    週刊朝日

    7/13

  • 「電力自由化への関心がなくなっている」東京ガス・広瀬社長の次の一手

    「電力自由化への関心がなくなっている」東京ガス・広瀬社長の次の一手

    dot.

    8/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す