60歳女性 開腹なしの腎がん治療に「簡単に終わって拍子抜け」と話す

がん

2012/06/12 17:30

 腎がんには、開腹手術よりからだの負担が少ない治療法として、皮膚に特殊な針を刺して、内臓のがん細胞を直接たたく療法がある。3センチ以下の腫瘍にはとくに有効な治療法だ。

あわせて読みたい

  • 腎がんの新療法「経皮的局所治療」は再発率高めも機能障害は低め

    腎がんの新療法「経皮的局所治療」は再発率高めも機能障害は低め

    週刊朝日

    6/15

    【腎がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    【腎がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    dot.

    3/8

  • 腎臓1つをすべて切除していた「腎がん」の治療に変化! 部分切除が主流になった理由とは?

    腎臓1つをすべて切除していた「腎がん」の治療に変化! 部分切除が主流になった理由とは?

    dot.

    2/2

    【腎がん手術】腎機能を温存し慢性腎臓病のリスクを減らす治療法は? 専門医が解説

    【腎がん手術】腎機能を温存し慢性腎臓病のリスクを減らす治療法は? 専門医が解説

    dot.

    3/12

  • 切除できても再発する「肝がん」 医師が語る“新薬”の実力とは?

    切除できても再発する「肝がん」 医師が語る“新薬”の実力とは?

    週刊朝日

    9/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す