巨人「札束経営」の実態 選手Aの親族が語る

2012/03/23 07:00

 さあ、ペナントレース!というときに、唐突に降ってわいた巨人の「カネ」問題。高橋由伸、内海哲也、阿部慎之助、二岡智宏、上原浩治、野間口貴彦の6選手の契約金総額が36億円だったと、「朝日新聞」が報じたのだ。昨年の「清武の乱」に続いて、球界の盟主に持ち上がった騒動には、どんな結末が待っているのか。

あわせて読みたい

  • 阪神元球団社長 「球界に巨人に抵抗してはいけないという思い込みがある」

    阪神元球団社長 「球界に巨人に抵抗してはいけないという思い込みがある」

    週刊朝日

    3/23

    結局最後は「巨人入り」 大物FA選手たちが交渉過程で見せた“心変わり”

    結局最後は「巨人入り」 大物FA選手たちが交渉過程で見せた“心変わり”

    dot.

    12/14

  • 最下位低迷の日本ハムは嵐のオフか 中田翔だけでなく、西川遥輝も「もう厳しい」の指摘

    最下位低迷の日本ハムは嵐のオフか 中田翔だけでなく、西川遥輝も「もう厳しい」の指摘

    dot.

    7/6

    来オフFAの山田哲人の争奪戦は巨人とソフトバンクの一騎打ち

    来オフFAの山田哲人の争奪戦は巨人とソフトバンクの一騎打ち

    週刊朝日

    12/12

  • 高野連が激怒の出来事も…ドラフト制度導入前「何でもあり」だった選手の争奪戦

    高野連が激怒の出来事も…ドラフト制度導入前「何でもあり」だった選手の争奪戦

    dot.

    10/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す