震災から間もなく1年 「東電の会見は、マスコミをあしらっているだけだった」

原発

2012/03/08 07:00

 フクイチ(福島第一原発)最高幹部に取材を始めたのは4月下旬、事故から1カ月余りたったころのことである。当時、まさに原子炉がメルトダウンしているのかどうか、に注目が集まっていた。

あわせて読みたい

  • 【震災10年】ゴールわからず走り続ける「廃炉」 法的義務なく…現状のまま“終了宣言”も

    【震災10年】ゴールわからず走り続ける「廃炉」 法的義務なく…現状のまま“終了宣言”も

    AERA

    3/11

    音のない3. 11の被災地 ラジオマンが伝えた“命一つ一つ”のありか
    筆者の顔写真

    延江浩

    音のない3. 11の被災地 ラジオマンが伝えた“命一つ一つ”のありか

    週刊朝日

    3/29

  • 東電が「テレビ会議ビデオ」の公開を渋る理由

    東電が「テレビ会議ビデオ」の公開を渋る理由

    週刊朝日

    7/25

    フクイチ最高幹部「東電・清水元社長はウソを言っていいのか」と怒りに震える

    フクイチ最高幹部「東電・清水元社長はウソを言っていいのか」と怒りに震える

    週刊朝日

    6/12

  • 福島第一原発「廃炉」の現場ルポ デブリ取り出し、容器の劣化…廃炉を阻む難題

    福島第一原発「廃炉」の現場ルポ デブリ取り出し、容器の劣化…廃炉を阻む難題

    AERA

    3/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す