赤西&メイサのスピード「デキ婚」 ドタバタ劇は芸能人としては失敗? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

赤西&メイサのスピード「デキ婚」 ドタバタ劇は芸能人としては失敗?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月下旬、黒木メイサ(23)と赤西仁(27)との熱愛が発覚し、2月に入って結婚、メイサの妊娠が報じられた。熱愛報道からのスピード「デキ婚」に、双方の事務所の戸惑いもうかがえる。

「メイサは次のCM撮影も予定されていた。広告会社も報道と同時に(デキ婚を)知ったようで、いきなりバタバタして『踊れないメイサなんて』と頭を抱えていました」(芸能関係者)

 メイサの事務所は、妊娠については10日の時点でも「確認中」としながらも、「事前に結婚の報告は受けていた」と回答。赤西の事務所のジャニー喜多川社長は、複数のスポーツ紙に「急もいいとこ」「報道が出た後に電話で話したぐらい」と苦言を呈した。

 芸能リポーターの石川敏男氏も、結婚は予想だにしなかったという。

「二人にとっては良い選択かも知れないけど、芸能人として仕事をしていくなら、こういう強行突破の選択は失敗でしょう。今後、メイサは事務所が道をつなげて活躍できたとしても、赤西が芸能界での立場がなくなると、夫婦関係はギクシャクしちゃいますよ」

※週刊朝日 2012年2月24日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい