「不倫」山路徹に本誌肉食系女性記者がガブリ 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「不倫」山路徹に本誌肉食系女性記者がガブリ

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#不倫

「僕としては今日までよく頑張ったな、と自分で自分を褒めてあげたいですね」

 タバコ片手に目を細めるのは、「不倫ジゴロ」とまで言われた戦場ジャーナリストの山路徹氏(50)。元妻の大桃美代子(46)にツイッターで麻木久仁子(49)との不倫を暴露されてから約1年。最近は『修羅場を生き抜く力』(光文社)なる著書も上梓している。

「この男、懲りてないの?」という(恐らく)多くの女性の声を代表して、本誌肉食系女性記者がご本人にあれこれ突っ込んでみた。

「本来、ああいうことが起きると、しばらくおとなしくしてとなるけど、とどまっていると埋没してしまう。起きたことは消せないけど、上書きはできる。そういう気持ちでやってきました」

 あの騒動直後の会見で「悪いのは私」と謝った策が、修羅場をチャンスに変えた第一歩だったという。

「謝罪会見って、みんな失敗するんですよ。保身に走り、言い訳をするんです」

 それって、弁護士同伴で不倫に対する謝罪のなかった麻木サンの会見も?

「不倫じゃないと言い放ったわけで、そこは戦っちゃダメでしたね。炎が燃え上がっている時だから、まずは火を消さないと」

 すっかり騒動も逆手に取っているようだが、元妻たちとはどうなっているのか。

「3・11の時、大桃さんには電話して話しましたよ。彼女は地震に臆病なところがあって心配だったから」

 麻木サンには?

「うーん。あの程度じゃ大丈夫だろうと(笑い)」

 山路氏曰く、恋愛にマニュアルはなく、相手に即したアプローチが大事とか。

「僕は好きな女性ができると、その人の立場、環境、状況のなかでニーズは何かを考え、やってみる。今は、社会進出して地位も経済力も得た女性が、買いたいものを自分で買う時代。だから高いプレゼントをするのはプラスの魅力になりません。むしろ、人に惹かれるのは、弱さが見えた時」

 んん?

「僕なんか経済効率も悪い仕事をして、貧しい部類の人間ですよ。そうするとね、『他の仕事でもすれば、いい生活ができることもあるのに、わざわざ命懸けてあんなとこ(戦場)行くなんて』と応援してくれる人も出てくるわけですよ」

 そうして、"才女"麻木サンからも「経済的援助」を受けたのでしょうか......。

「僕の理想はね、アパートの4畳半しか借りられなくても、一緒にさえいられれば幸せだと思える人と巡り合うこと。この人となら世間を敵に回してもかまわないみたいな。ふふふ」

 うーん。説得力があるような、ないような。

 また結婚の可能性は?

「ありますよ! 愛はエネルギーだと思いますもん」

 どんなジャブも柔和に受け止めること60分。

 帰り際にはすかさず、
「今度、週刊朝日の女性編集者と合コンしましょう」

 さすが"扇情"に生きる男。


週刊朝日


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい