箱根町、火口周辺警報で観光客向け情報発表、「噴煙地以外の各地域の施設や交通機関は、平常通り」呼びかけ 〈トラベルボイス〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

箱根町、火口周辺警報で観光客向け情報発表、「噴煙地以外の各地域の施設や交通機関は、平常通り」呼びかけ

このエントリーをはてなブックマークに追加
箱根町:発表資料より

箱根町:発表資料より

 神奈川県・箱根町企画観光部観光課は2015年5月7日付で、前日午前6時に気象庁が発表した箱根町大涌谷園地付近(噴煙地)での火口周辺警報(噴火レベル2、火口周辺規制)に伴い、ウェブサイトを通じて「観光客の皆様へ」とする文章ならびに立ち入り規制エリアを確認できる噴火警戒レベルマップを提供した。

 箱根町では現在、火口周辺警報(レベル2)が出ている大涌谷噴煙地を中心とした半径約300mの範囲内を対象に、以下のエリアで立ち入り規制を実施中。

立ち入り規制エリア(2015年5月7日付)

●箱根ロープウェイ:桃源台駅~大涌谷駅~早雲山駅の全線
●道路:県道 734 号線(大涌谷三差路~大涌谷駐車場)約 1km
●ハイキングコース:防ケ沢~駒ヶ岳~大涌谷~早雲山駅および姥子駅の全長約 3km

 5月7日の発表では、「今回の措置は大涌谷の噴煙地に近いごく一部への立ち入りを規制するもので、箱根の他地域まで規制が及ぶものではないこと」「噴煙地以外の各地域の施設や交通機関は、平常通り営業(運行)しており、住民もいつもどおりの生活をしていること」とし、「観光客の皆様におかれましては、町や関係機関からの関連情報に十分留意していただきながら、つつじ、新緑の箱根観光を満喫していほしい」と通達している。

噴火警戒レベルマップ(2015年5月7日付)は図のとおり。

 なお、最新情報は「箱根全山」ウェブサイトのトップページ「緊急情報(箱根町周辺の火山・地震活動について)」でも提供中。


トップにもどる トラベルボイス記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい