東大大学院からピアノコンクールで日本一に ピアニスト・角野隼斗の素顔

2020/06/02 17:00

 東京大学大学院修士1年次、国内最大級のピアノコンクールであるピティナピアノコンペティション特級にて、東京藝術大学などトップの音楽大学の学生を差し置いて優勝するという快挙を成し遂げた、ピアニストの角野隼斗さん。東大工学部を卒業後、今春まで大学院情報理工学系研究科に在籍し、フランス音響音楽研究所 (IRCAM)で機械学習を用いた自動採譜の研究に従事するなど、工学研究者としての顔も併せ持つ。角野さんの在学中、東京大学新聞社が実施したインタビューから、抜粋してお届けする。※東大新聞オンラインから転載

あわせて読みたい

  • 場所もジャンルも垣根を分けないことが自分流 ピアニスト・音楽家、角野隼斗

    場所もジャンルも垣根を分けないことが自分流 ピアニスト・音楽家、角野隼斗

    AERA

    5/23

    “準備”からたった2年でショパンコンクールへ 開成→東大のピアニスト!

    “準備”からたった2年でショパンコンクールへ 開成→東大のピアニスト!

    週刊朝日

    1/7

  • 調律に“我”は入れず、楽器の成長を見守りたい ピアノ調律師・越智晃<現代の肖像>

    調律に“我”は入れず、楽器の成長を見守りたい ピアノ調律師・越智晃<現代の肖像>

    AERA

    8/31

    「ピアノは会食を上回るコミュニケーションになる」 ピアニスト外交官の情熱

    「ピアノは会食を上回るコミュニケーションになる」 ピアニスト外交官の情熱

    AERA

    5/15

  • 東大出身ピアニスト角野隼斗さん 「ピアノ好きは母から、算数好きは父から」

    東大出身ピアニスト角野隼斗さん 「ピアノ好きは母から、算数好きは父から」

    AERA

    4/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す