午前中から所々で雨や雷雨 午後も「発雷確率」高く天気急変に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

午前中から所々で雨や雷雨 午後も「発雷確率」高く天気急変に注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう15日も大気の状態が不安定で、午前中から、西日本から東日本の所々で発達した雨雲がかかっています。午後も局地的に「非常に激しい雨」や「激しい雨」に注意が必要です。

午前中から所々で雨や雷雨

きょう(15日)も、日本付近の上空には寒気が流れ込んでいる影響で、西日本から東日本では大気の状態が非常に不安定になっています。日本の南の海上には、発達したまとまった雨雲があります。

中国・四国から関東にかけては、午前中から局地的に発達した雨雲がかかっています。また、落雷も観測している所があります。高知県室戸市の佐喜浜では午前9時09分までの1時間に60.0ミリの非常に激しい雨が降りました。また、明け方や朝までに、大阪や名古屋でも1時間に30ミリ以上の激しい雨を観測しました。

九州~北陸「発雷確率」高い 天気急変に注意

午後は、気温の上昇も加わって、さらに雨雲が発達しやすい状況になります。西日本から東日本にかけて、特に九州や中国地方、近畿や北陸で発雷確率が高くなっています。1時間に50ミリ以上の「非常に激しい雨」の降る所もあります。天気の急変にご注意ください。

※発雷確率とは、雷が発生しやすい確率を示しています。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい