熱海市周辺 金曜にかけて断続的に強雨の恐れ 二次災害に警戒を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

熱海市周辺 金曜にかけて断続的に強雨の恐れ 二次災害に警戒を

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう7日(水)も東海地方では雨が降り、激しい雨の降る所もあるでしょう。少なくとも9日(金)にかけて断続的に雨脚が強まりそうです。土石流の発生した熱海市を中心に二次災害に警戒が必要です。

東海地方は断続的に雨

東海地方ではこれまでの記録的な大雨により、大規模な土石流の発生した熱海市など静岡県を中心に地盤の緩んでいる所があります。

きょう7日、梅雨前線が山陰沖から東日本を通って日本の東へのびており、前線上の低気圧が本州付近を東へ進むでしょう。前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでおり、大気の不安定な状態が続きそうです。

東海地方はこのあとも断続的に雨が降り、愛知県や岐阜県では激しい雨の降る所があるでしょう。熱海市など静岡県では昼頃まで雨が降りやすく、雷を伴って一時的に雨脚の強まることがありそうです。少しの雨でも土砂災害の危険度が急激に高まる恐れがあります。二次災害に厳重な警戒が必要です。

梅雨前線の活動が活発な状態が続く

梅雨前線はこの先もしばらく本州付近に停滞するでしょう。少なくとも9日(金)頃までは梅雨前線の活動が活発な状態が続きそうです。

9日(金)にかけて、東海地方には断続的に発達した雨雲がかかるでしょう。強弱を繰り返しながら雨が降り、雨量が多くなる恐れがあります。土砂災害に厳重に警戒し、危険な斜面には近づかないようにしてください。

この先、最高気温は30℃くらいまで上がる日が多いでしょう。湿気が多く、蒸し暑くなりそうです。復旧作業の際などは熱中症にも注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい