北陸 あす(水)にかけて再び大雨 土砂災害に厳重警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北陸 あす(水)にかけて再び大雨 土砂災害に厳重警戒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


今夜からあす7日(水)にかけて、大雨となる見込みです。土砂災害などに厳重に警戒してください。

梅雨前線上の低気圧が北陸地方を通過

今夜からあす7日(水)にかけて、梅雨前線上の低気圧が日本海から北陸地方の沿岸に進んでくるでしょう。低気圧や前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。また、低気圧の北側には上空に寒気が流れ込み、北陸地方の周辺は大気の状態が非常に不安定になるでしょう。

このため、今夜からあす7日(水)にかけて、1時間に40ミリ前後の激しい雨の降る所があり、大雨となる見込みです。北陸地方では、3日(土)から降り続いている雨により地盤が緩んでいる所があり、更に大雨となる予想です。あす7日(水)にかけて、土砂災害に厳重な警戒が必要です。また、低い土地の浸水や河川や用水路の増水や氾濫にも注意・警戒してください。

あすにかけてさらに100ミリを超える大雨の予想も

北陸地方では、既に雨脚の強まっている所があり、このあと、新潟でも次第に雨脚が強まるでしょう。今夜遅くには広い範囲で雨脚が強まり、あすの午前中にかけて雨のピークとなりそうです。局地的に雷を伴って激しい雨の降るおそれがあります。6日18時から7日18時までの24時間降水量は、北陸三県の多い所で100~150ミリ、新潟でも下越・上越で多い所100ミリの予想です。

その後も、梅雨前線の影響で断続的に雨が降り、総降水量が更に多くなるおそれがあります。最新の情報に十分に注意してください。

土砂災害に厳重な警戒を

北陸地方では3日(土)から雨が降り続き、降り始めからの雨量が100ミリを超えている所があります。既に地盤が緩んでいる所もあり、あす7日(水)にかけてさらに大雨が予想されます。土砂災害に厳重な警戒が必要です。

土砂災害の前兆は、斜面のひび割れ、異様な音・におい、湧き水が止まる、濁った水が噴き出すなどです。このような前兆を見つけた時には、絶対に、斜面に近づかないでください。また、土砂災害は、雨が弱まったり、止んだりした後でも、発生する場合があります。土砂災害の前兆現象と思われるものがあるときや、いつもと違う不安を感じたときは、避難指示などがなくても早めに避難しましょう。

あすの通勤・通学時は公共交通機関のダイヤの乱れなどが発生する可能性がありますので、早めの情報確認をお願いします。車の運転では、アンダーパスなど、低い土地は冠水している可能性があるので、周囲の状況をよく見ながら運転しましょう。また、用水路などは急激に増水するおそれがあるので、近付かないでください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい