九州 今週 梅雨末期の大雨に警戒 蒸し暑さ続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 今週 梅雨末期の大雨に警戒 蒸し暑さ続く

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


今週、九州は梅雨末期の気圧配置です。今週の後半は梅雨前線が九州北部へ南下してくるため、大雨が降りやすく警戒が必要です。また、かなり蒸し暑い状態が続きますので、熱中症などの体調管理にも気をつけましょう。

不安定な天気 熱中症の危険度高い

きょう5日、梅雨前線は対馬海峡付近に延びており、長崎県対馬地方に活発な雨雲がかかっています。九州北部付近は前線に向かって高温多湿な空気が流れ込んでいるため、大気の状態が不安定になっており、所々で雨雲が発生しています。

きょうの九州北部は変わりやすい天気で、急な雨や落雷などにご注意下さい。九州南部は大体晴れますが、にわか雨が降る所があるでしょう。

また、日差しもでてかなり蒸し暑くなります。熱中症の危険が極めて高くなる所がありますので警戒して下さい。喉が渇くこまめに水分補給をしたり、適切に冷房を利用するなど室内の環境にも気をつけましょう。特に、高齢者や子供は暑さの影響を受けやすく熱中症にかかりやすいですので注意が必要です。

今週後半 梅雨前線は九州北部へ

今週7日(水)にかけて梅雨前線は九州の北に位置します。このため、九州南部を中心に夏の強い日差しが降り注ぎ、厳しい暑さになる見込みです。熱中症に十分警戒して下さい。ただ、湿った空気の流れ込みで、大気の状態は不安定でにわか雨や雷雨になる所があるでしょう。

8日(木)から週末にかけて、梅雨前線は次第に九州北部付近へと南下するため、九州北部を中心に雨が降りやすくなり、前線の活動によっては大雨になるおそれがあります。

過去、九州は梅雨の末期に活発な梅雨前線が南下する時に、度々甚大な大雨災害が起こっています。

今週の後半は、九州は梅雨末期の大雨が降りやすい気象状況になりますので、常に最新の気象情報を確認し、いざという時のための備えを確認しておきましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい