関西 27日昼過ぎまで非常に激しい雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関西 27日昼過ぎまで非常に激しい雨の恐れ

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


きょう27日、関西では梅雨前線や低気圧の影響で広く雨が降り、中部や南部を中心に雨脚が強まっています。このあと昼過ぎにかけて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨の降る恐れがあります。

27日昼過ぎまで短時間強雨に注意を

西日本の南海上に延びる梅雨前線上に低気圧が発生し、発達しながら東進しています。衛星画像では、四国沖に低気圧に伴う発達した雲が白く輝いて見えています。関西には、この発達した雲が、きょう27日昼過ぎにかけて中部や南部を中心にかかる見込みです。この雲の下では1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る恐れがあります。短い時間に降る強い雨に注意をしてください。また、沿岸部では南寄りの風が強まっている所がありますので、強風にも注意が必要です。

雨がやんでも土砂災害や河川の増水に十分注意を

関西では、27日夕方には西から雨はやんでくる見込みです。ただ、雨がやんだあとも、引き続き土砂災害に注意が必要です。イラストに書いてある土砂災害の前兆が見られたら、その場から離れるようにしてください。また、河川も増水して流れが早くなっています。しばらく近づかないようにしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい