関西 しばらく梅雨空続く 20日(木)と21日(金)は大雨の所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関西 しばらく梅雨空続く 20日(木)と21日(金)は大雨の所も

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


近畿地方では、21日(金)までは梅雨空が続くでしょう。20日(木)と21日(金)は、大雨になる所もある見込みです。

きょう18日(火)の午後 中部と南部を中心に雨

近畿地方では、きょう18日(火)の午後は、中部と南部を中心に雨が降るでしょう。紀伊山地周辺を中心に、本降りになる所もある見込みです。夜には雨のやむ所が多いため、傘の置忘れにお気をつけください。

あす19日(水) 昼ごろまでは雨の所も その後は天気が持ち直す

あす19日(水)の近畿地方は、昼ごろまでは中部と南部を中心に雨の降る所があるでしょう。その後は雨はやみ、いったん天気が持ち直すため、薄手の洗濯物なら乾きそうです。

20日(木)と21日(金)は大雨の恐れ

20日(木)と21日(金)は、梅雨前線の活動が活発になり、近畿地方では広い範囲で雨が降るでしょう。山沿いだけでなく、都市部でも大雨になる所がある見込みです。雨の降っていない時を見計らって、雨どいや側溝の点検など、大雨への備えをするようにしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい