13日 寒さ緩む 多雪地はナダレや落雪に注意を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

13日 寒さ緩む 多雪地はナダレや落雪に注意を

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


今日は全国的に寒さが緩み、広範囲で平年並みか高くなる。北海道では、3月並みの所も。北海道と東北には低気圧が近づき、雪ではなく雨の所も。気温上昇で多雪地ではナダレや落雪に要注意。関東から九州は高気圧に覆われて、日中晴れる所が多く、沖縄では眩しい日ざしが戻る。

きょうの最高気温 寒さ緩むも ナダレ落雪に注意を

きょう13日(水曜日)は、各地で寒さが緩む見込みです。この冬一番低い最高気温になった所もあるなど、寒かった、きのう12日(火)に比べて、多くの所で2℃以上高く、東京や名古屋、大阪、仙台などでは5℃以上も高くなる予想です。北海道では3月並みという所が多いでしょう。

寒さが緩むと、多雪地の山の斜面ではナダレが起きやすくなるため注意が必要です。また、北陸など市街地でもドカ雪になった所では屋根雪の落下に、ご注意下さい。

各地の気温です。

北海道は、多くの所がプラスの予想です。3℃前後の所が多い見込みですが、0℃未満の真冬日から解放される所が多いでしょう。全道で3月中旬並みの所が多いでしょう。

東北から北陸は、5℃から8℃くらいの所が多いでしょう。秋田市では、半月ぶりに5℃を超えそうです。

関東から東海は、10℃から12℃くらいで、きのうより5℃前後高く、立春を過ぎた頃の気温になりそうです。

近畿から中国、四国、九州北部にかけても10℃から12℃で、九州南部では15℃前後になる見込みです。日だまりでは日差しの温かさを感じられそうです。

沖縄では、18℃前後の予想です。きのうより3℃前後高くなりますが、平年に比べると2℃くらい低めです。

きょうの天気 北海道と東北などに雪や冷たい雨

きょう13日(水曜日)は、南から高気圧に覆われますが、北海道や東北には低気圧と前線が近づく見込みです。

北海道と東北北部や南部日本海側では雲が多く、雪の降る所が多いでしょう。気温が上向きますので、雪ではなく雨の所もあるでしょう。冷たい雨で、雷の鳴ることもありそうです。

北陸も、雪や雨が降り、雷の鳴る所がありますが、朝のうちにやむ所が多いでしょう。

東北の南部太平洋側と関東から東海、近畿、山陽、四国、九州では、朝晩は曇る所がありますが、日中晴れる所が多いでしょう。

沖縄も、各地よく晴れる見込みです。那覇市で日照時間が5時間を超えると3日ぶりで、新年になって4日目です。先月は、ひと月で4日だけでしたから、半月足らずで並びそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい