東海地方 南岸低気圧の影響 名古屋でも降雪の可能性あり 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東海地方 南岸低気圧の影響 名古屋でも降雪の可能性あり

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D

画像E

画像E


12日は本州南岸を低気圧が通過するでしょう。

内陸部を中心に雪が降り、降り始めは平野部でも雪で降る所があるでしょう。

積雪や路面の凍結による交通への影響、着雪などに注意してください。

また、海上では強風に注意してください。

降り始めは?

朝には広く降りだすでしょう。

降りだしが、朝になるため気温が低く、平野部でも雪で降りだす所がある見通しです。

平野部で雪で降りだした所では、昼前からは次第に雨へと変わる所が多くなるでしょう。

ピークおよび予想降雪量は?

ピークは低気圧が最も近づく、12日昼ごろでしょう。

山地では時間3cm程度と強く降ることもある見通しです。

12日18時までの24時間に予想される降雪量はいずれも多い所で、

岐阜県の山地で20cm、

岐阜県の平地や静岡県と愛知県の山沿い、三重県で5cm、

愛知県の平地で2cm

静岡県の平地で1cmの予想です。

積雪や路面の凍結による交通への影響に注意してください。

湿った雪で降る見通しです。

着雪が起こりやすくなるでしょう。

着雪による倒木等にも注意してください。

また岐阜県山間部など積雪の多い地域では雪質の違いにより、なだれが起こりやすくなるため、注意をしてください。

降り終わりは?

昼過ぎからは、三重県など西側の地域から次第にやむ見込みです。

夕方以降は天気は回復傾向となり、晴れ間の出る所もあるでしょう。

夜は晴れることにより、地表付近の熱が奪われやすくなる見通しです。

気温が下がりやすくなるため、雨水や、一旦融けた雪が再び凍る恐れがあります。

天気回復後も13日朝にかけては路面凍結に注意してください。

12日の予想気温

最低気温は平野部で2度前後でしょう。

ほぼ平年並みの見込みです。

最高気温は平野部で6度前後の予想です。

日差しがなく、凍える寒さになる見通しです。

東海地方 週間予報(13日~)

天気は数日の周期で変わるでしょう。

あさって13日水曜日から15日金曜日にかけてはおおむね晴れる見込みです。

16日土曜日は一時雨が降るでしょう。

17日日曜日以降は平野部では晴れる所が多くなる見込みです。

山間部では、17日以降は雪の降る日が多くなるでしょう。

最低気温は平年並みか高い日が多い見込みです。

最高気温は、13日から16日までは平年並みか高いでしょう。

17日以降は平年より低い見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい