週末にかけての天気 日本海側 土曜まで大雪に警戒 厳しい寒さ続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週末にかけての天気 日本海側 土曜まで大雪に警戒 厳しい寒さ続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


週末にかけても日本海側は雪が続きそう。雪の降り方が弱まっても19日(土)までは大雪に警戒を。晴れる地域でも厳しい寒さが続きます。

冬型緩むが一時的

あす18日(金)は日本海に低気圧が発生し、寒気の吹きだしは少し弱まるでしょう。北海道や東北では、あす日中は雪がやむ所もありそうです。北陸から山陰は、平野部を中心に雪ではなく雨の所が多いでしょう。これまでに積もった雪がとける所もあるため、屋根から落ちる雪などに注意して下さい。

ただ、夜からは再び寒気の流れこみが強まります。雪の範囲が次第に広がり、山沿いを中心に、大雪に警戒が必要です。東海(岐阜県)や関東甲信(長野県北部や群馬県など)の山沿いでも、雪の量が増えるでしょう。

土曜日まで大雪に警戒

19日(土)は強い冬型の気圧配置となるため、引き続き、日本海側の地域を中心に大雪への警戒が必要です。きょう(17日)までに降った大雪で、すでに交通への影響が出ています。復旧がままならない所に、同じような場所で大雪のおそれがあります。最新の情報を確認して、週末の予定を検討することが必要になるかもしれません。

晴れる地域での注意すべきポイントは、「寒さ」と「乾燥」です。九州から関東の最高気温は平年並みの所が多いですが、それでも東京は10度くらいと厳しい寒さが続くでしょう。また空気はカラカラで、湿度は20%台まで下がる所もありそうです。部屋の中ではこまめな換気とともに、加湿器を使うなどして対策をしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい