北日本で12月上旬並みの寒さの所も 各地できのうより大幅ダウン 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北日本で12月上旬並みの寒さの所も 各地できのうより大幅ダウン

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう9日(月)、北海道や東北、北陸では11月下旬から12月上旬並みの寒さに。関東から九州でもあまり気温が上がらず、ヒンヤリしています。

北海道では氷点下の所も

きょう9日(月)、日本付近は冬型の気圧配置で、上空に強い寒気が流れ込んでいます。北海道や東北の日本海側、北陸では雨や雪が降っていて、沿岸部では北または西よりの風が強く吹いています。関東から九州は、太平洋側を中心に晴れていますが、寒気の影響であまり気温が上がっていません。

午後3時の気温は、北海道紋別地方の遠軽町白滝では-2.1度と、きのうの同じ時間と比べて6度ほど低く、この時間でも氷点下となっています。東京都心は15.5度で、きのうより5度ほど低く、北よりの風が冷たく感じられています。

あすも寒さが続く

あす10日(火)にかけて、北日本の上空5500メートル付近には、平年より10度以上低い氷点下36度以下の強い寒気が流れ込む見込みです。

最高気温は、北海道や東北、北陸では、11月下旬から12月上旬並みで、寒さが続くでしょう。関東から九州でも、11月中旬から下旬並み所が多く、風の冷たい一日となりそうです。

マフラーや手袋などで首元や手先などを暖かくして、体調を崩さないように気をつけてお過ごしください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい