九州 2日、台風9号非常に強い勢力で接近 早めの備えを 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 2日、台風9号非常に強い勢力で接近 早めの備えを

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C

画像E

画像E


大型で非常に強い台風9号が、東シナ海を北上しています。あす2日(水)は非常に強い勢力を保ったまま、次第に九州へ接近する見込みです。九州は南より風が強まり、大荒れの天気になりますので、早めに台風への備えをしておきましょう。

台風9号、非常に強い勢力で九州へ接近

1日(火)午前9時現在、大型で非常に強い台風9号は沖縄のすぐ北海上を北上しています。このあとも海面水温が高い東シナ海を北上するため、非常に強い勢力を保ったまま、あす2日(水)昼過ぎから夜に九州へ接近するでしょう。3日(木)には朝鮮半島に上陸する見込みです。

暴風や高波に厳重警戒

九州は、あす2日昼過ぎから夜に台風が最も近づく見込みです。予報円の中心付近を通ると、長崎県五島地方や壱岐・対馬地方は、台風がすぐ近くを通り、猛烈な風が吹くおそれがあります。台風は非常に強い勢力で接近するため、中心から離れた所でも南よりの風が強まり、海上や沿岸は非常に強く吹く見込みです。海上では瞬間的に50メートル前後、陸上でも35メートル前後の突風が吹くおそれがあります。

海上はうねりが入り、きょうから東シナ海側の沿岸海上は次第にしける見込みです。あすは東シナ海側の海上や長崎県壱岐・対馬沿岸は猛烈なしけとなるでしょう。内海も波が高くなる見込みです。暴風やうねりを伴う高波に厳重に警戒して下さい。

きょうから激しい雨 局地的に大雨

また、九州は台風の北上に伴い、大気の状態が非常に不安定になり、宮崎県など九州の太平洋側はきょう午後は一時激しい雨が降るでしょう。

あす2日は一時滝のような非常に激しい雨が降り、宮崎県や長崎県、熊本県、大分県の多い所は24時間で200ミリから300ミリと、雨量がかなり多くなり大雨になるおそれがあります。

高潮にも警戒

台風が接近するあす2日から3日は、「大潮」で潮位が高い時期となります。台風の接近でさらに潮位が上がり、高潮が発生するおそれがあります。沿岸部などは浸水や冠水にも警戒して下さい。

早めに台風への備えを

台風が接近してから、屋外で作業するのは危険です。早めに台風へ備えておきましょう。家の周りの飛ばされやすいものは、あらかじめ固定したり、室内に入れておきましょう。窓や屋根の補強。また浸水しそうな場所は土のうの準備もしておくとよいでしょう。もしもの停電や断水に備えて、電池や水、非常食、ラジオ、携帯電話の充電などの準備をしておきましょう。

また、きょうも残暑が大変厳しく、内陸部は37度台まで上がる所があります。屋外での作業は熱中症にも注意が必要です。

こまめに最新の気象情報を確認して、台風の接近に備えて下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい