九州 台風8号の影響続く 長崎県は局地的に滝のような雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 台風8号の影響続く 長崎県は局地的に滝のような雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう27日(木)、台風8号はさらに九州から離れますが、九州は台風の影響が残り、大気の状態が非常に不安定です。特に、長崎県五島地方は夕方にかけて局地的に滝のような非常に激しい雨が降るおそれがあります。土砂災害などに警戒して下さい。また、海上は強風やうねりを伴い波が高い所がありますので、船や海のレジャーはご注意下さい。

1時間に50ミリ 滝のような雨も

きょう27日(木)午前9時、台風8号は朝鮮半島北部付近を北上しており、さらに九州から離れています。ただ、九州は台風8号に向かって流れ込む高温多湿な空気の影響で、大気の状態が非常に不安定になっています。

特に、九州の西海上から長崎県中心に非常に発達した雨雲が発生しており、このあとも線状に連なる雨雲が長崎県五島地方にかかり続ける見込みです。

長崎県五島地方は夕方にかけて1時間に50ミリの滝のような非常に激しい雨が降るおそれがあり、大雨になるでしょう。長崎県のその他の所や熊本県、鹿児島県も局地的に激しい雨が降るでしょう。

土砂災害に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要です。

また、海上は南よりの風がやや強く、うねりを伴い波が高い所がありますので、船や海のレジャーはご注意下さい。

来週は次の台風北上か

一方、フィリピンの東海上では雲の発生が多くなっています。あす28日(金)にはフィリピンの東海上で台風の卵となる熱帯低気圧が発生する見込みです。

フィリピンの東海上から日本の南海上は、海面水温が約30度と高くなっており、熱帯低気圧は台風に発達して、来週に日本へ近づくおそれがあります。

今後、9月にかけて台風の発生が相次ぎそうですので、台風に対して万全の備えをしておきましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい