5日 全国的に厳しい暑さ 九州から東北では体温超えか 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

5日 全国的に厳しい暑さ 九州から東北では体温超えか

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


きょうは、沖縄と九州から東北南部では夏空。東北北部は梅雨空が続き、北海道は不安定な天気。九州から東北の広範囲で猛暑日予想。危険な暑さに警戒を。

きょうの天気 晴れる所が多いが不安定

きょう(5日:水曜)は、本州の南に中心をおく高気圧が、沖縄や九州から東北南部にかけての広い範囲を覆うでしょう。

沖縄では晴れる所が多いでしょう。南大東島や八重山で雨や雷雨がありそうです。

九州から東北南部にかけては、朝から晴れる所が多い見込みですが、気温が上昇するとともに大気の状態が不安定です。局地的に雨雲の湧く所があり、道路が川のようになる激しい雨の降る所がある見込みです。東海地方では、滝のそばに立っているようにゴーゴーと降る非常に激しい雨の降ることがありそうです。

きょうの天気 北海道 大雨や土砂災害などに警戒

北海道付近は、前線や低気圧の通り道になっています。

東北北部は、前線の影響で曇りや雨の梅雨空が続きそうです。日中は小康状態になる所や晴れ間がありますが、朝までと夜を中心に雨や雷雨になるでしょう。

北海道は前線と低気圧に近いため、日中も雨の降る所が多く、激しい雨の降る所があるでしょう。昨夜から日本海側北部を中心に激しい雨の降っている所があり、留萌市大町では降り始めからの雨量が70ミリを超えています。このあと、あす(6日:木曜)にかけて激しい雨の降る所がある見込みで、道内で、あすの朝6時までに予想される雨量は、日本海側と太平洋側西部で100ミリ、オホーツク海側と太平洋側東部で80ミリです。大雨による低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に警戒が必要です。竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうが降るおそれがあります。農作物の管理や屋外の活動などの際は、ご注意ください。

発達した積乱雲の近づく兆しがあるときは、急に暗くなったり、急に涼しい風が吹いたり、ゴロゴロという音が聞こえるなどのサインがあります。頑丈な建物内に移動するなど、身の安全確保に努めてください。

きょうの気温 全国的に気温が高い 危険な暑さになる所も

前線が北海道の北に位置しているため、日本列島は南からの暖かい空気が吹き抜けます。このため、全国的に高温が続くと予想されます。きのうも暑かったのですが、きょうは気温の数字の上でも、地点数の上でも上回る可能性がありますから、暑さを避ける工夫が必須といえます。

風通しの良い服装を心がける、エアコンを使う、水分補給を行う、頃合いを見ながらマスクを外すなど、熱中症にかからないよう対策をなさってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい