週間 厳暑続く 台風4号の動向は? 週末は雨が降る可能性も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 厳暑続く 台風4号の動向は? 週末は雨が降る可能性も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


広く厳しい暑さが続くでしょう。台風4号は3日(月)、先島諸島に最も接近する見込みです。その後、大陸東岸を通り、6日(木)には日本海で温帯低気圧に変わる予想です。

3日(月)~5日(水) 九州~関東を中心に夏空

3日(月)から4日(火)にかけて、夏の太平洋高気圧は北へ張り出し、本州付近を覆う見込みです。九州から関東は、夏空の所が多いでしょう。山沿いを中心に、午後は雨雲やカミナリ雲がわきそうです。東北や北海道は、気圧の谷の通過で、日本海側を中心に雨が降る見込みです。

太平洋高気圧は、5日(水)にかけても、本州付近を覆う見込みです。九州から関東は強い日差しが照りつけ、東北も南部を中心に青空が広がるでしょう。夏らしく、午後は、にわか雨や雷雨がありそうです。

一方で、北海道付近は5日(水)にかけて気圧の谷になる見込みです。北海道では、曇りや雨の日が続くでしょう。

真夏の暑さ続く 九州~東海は連日のように最高気温33℃以上

この先、広く真夏の暑さが続きます。九州から東海では、多くの所で最高気温は連日のように33℃以上でしょう。エアコンを使用するなど、熱中症対策を行って下さい。マスクは、人との十分な距離(2メートル以上)が取れる場合は、適宜はずしましょう。

台風4号 先島諸島に接近へ

台風4号は、発達しながら沖縄の南を北西へ進み、3日(月)未明から明け方にかけて、暴風域を伴って、先島諸島に最も接近する見込みです。

先島諸島では、東または北東の風が強まり、非常に強い風が吹くでしょう。八重山地方では、未明から朝は、南東のち南の暴風になり、猛烈な風が吹く見込みです。宮古島地方も、台風の進路等によっては暴風になる恐れがあります。3日(月)に予想される最大瞬間風速は、八重山地方40メートル、宮古島地方35メートル。固定されていないプレハブ小屋が移動したり、転倒したりするほどの風です。

先島諸島に、台風本体や周辺の発達した雨雲がかかるため、3日(月)は、多い所で1時間に70ミリの非常に激しい雨が降る見込みです。雨雲の発達の程度によっては警報級の大雨になる恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意して下さい。

潮位も高くなる見込みで、海岸や河口付近の低地での高潮による浸水や冠水に注意が必要です。予想される最高潮位(標高)は、八重山地方、宮古島地方ともに1.5メートル、注意が必要な期間は、3日(月)明け方から朝です。

台風が接近となったら、用水路や海岸の見回り、屋外での作業はしないで下さい。防災機関などからの避難準備情報に注意し、市町村から避難勧告や避難指示があったら、すぐに動けるように準備して、すばやく避難して下さい。避難勧告が出されていなくても、危険を感じたら、自主的に避難することも大切です。ただ、避難所に行くだけが避難行動ではなく、隣近所の二階以上の頑丈な建物に避難させてもらうほうが安全な場合もあります。周囲の状況なども総合的に判断し、行動するようにしましょう。新型コロナと自然災害に備えても参考になさって下さい。

6日(木)以降は夏空少なく 週末は雨が降る可能性も

台風4号は、先島諸島に接近した後、3日(月)夜にかけて東シナ海を北西へ進む見込みです。その後、大陸東岸を通り、6日(木)朝には日本海で温帯低気圧に変わる予想です。台風から変わる低気圧は、北海道付近に進む見込みです。北海道では風が強まり、雨が降るでしょう。7日(金)を中心に発達した雨雲がかかる見込みです。強風は8日(土)にかけて長く続きそうです。

台風から変わる低気圧は、前線を伴う可能性もあり、大陸育ちの暖かく湿った空気が日本海に流れ込みます。さらに上空には、北から寒気が流れ込むため、低気圧や前線付近で雨雲が発達するでしょう。本州付近に張り出していた太平洋高気圧は、6日(木)から次第に張り出しを弱めるため、東北から九州では雲が広がりやすくなる見込みです。7日(金)以降は、日本海で発達する雨雲が、本州や九州にかかる可能性があり、東北の日本海側や北陸を中心に、雨量が多くなることも考えられます。今のところ雨のマークはついていませんが、予報は変わるかもしれません。最新の気象情報をご確認下さい。ちなみに、雨が降っても、暑さが収まることはなさそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい