活発な雨雲が九州にかかり続ける あす25日にかけて土砂災害などに警戒を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

活発な雨雲が九州にかかり続ける あす25日にかけて土砂災害などに警戒を

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう24日未明から、梅雨前線に伴う活発な雨雲が九州にかかり始め、北部から非常に激しい雨が降りだしています。九州は、あす25日朝にかけて滝のような雨が繰り返し降り、土砂災害や洪水の危険度が急上昇するおそれがあります。厳重な警戒が必要です。

九州 1時間に80ミリを超える猛烈な雨も観測

きょう24日未明、九州は北部から激しい雨が降りだしており、長崎県の雲仙岳では午前5時22分までの1時間雨量が85.5ミリと、猛烈な雨も観測されています。午前7時の時点で、九州北部では土砂災害や浸水、洪水の危険度が高くなっている所があります。今後、降り続く雨により危険度がさらに広い範囲で急上昇する恐れがあります。

きょう24日 九州に活発な雨雲がかかり続ける

梅雨前線は、これからあす25日にかけて九州に停滞します。前線に沿って非常に湿った空気が流れ込んでくるため、九州付近では活発な雨雲が次々に発生するでしょう。24日正午の雨雲の予想を見ると、活発な雨雲の帯が大きく動くことなく九州にかかり続け、九州北部から南部を含む広範囲で、発達した雨雲が発生するおそれがあることが分かります。

気象台や自治体からの情報に注意 危険を感じたら早めの避難を

九州では、あす25日朝まで激しい雨が降る恐れがあります。降り続く雨により、土砂災害や浸水、洪水の危険度が急上昇する恐れがあるため、気象台や自治体から発表される情報に十分ご注意ください。また、周囲の状況にも気を配り、危険を感じたら早めに避難するなど、身の安全を確保して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい