4日 荒れる梅雨前線 九州から東北で大雨土砂災害に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

4日 荒れる梅雨前線 九州から東北で大雨土砂災害に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


きょう4日は、活発な梅雨前線と低気圧の影響で、九州から東北にかけての広範囲で大雨。非常に激しい雨の所も。土砂災害など厳重な警戒が必要。

きょうの天気 九州~東北で大雨 土砂災害に警戒を

きょう4日(土)は、活動が活発な梅雨前線と低気圧の影響で、九州では、すでに猛烈な雨が降っています。このあと、あす(5日)の朝6時にかけて予想される降水量は、東海で250ミリ、九州北部と南部、関東甲信で180ミリ、近畿で150ミリ、四国で120ミリ、北陸と東北で80ミリです。

これまでに降った大雨のため、熊本県と鹿児島県に大雨特別警報が発表されています。重大な災害が発生するおそれが著しく大きくなっています。これらの地域の方は、ただちに命を守る最善の行動をとってください。さらに、あすの朝6時からあさって(6日)朝6時にかけては九州北部と南部と東海で100ミリから200ミリ、四国で100ミリから150ミリ、関東甲信と北陸で50ミリから100ミリの降水量が予想されています。

きょうからあすにかけて、雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所があると予想されています。九州から東北の広範囲で、土砂災害、低い土地の浸水、河川の氾濫に厳重な警戒が必要です。落雷や竜巻などの激しい突風にも、ご注意ください。きょうの最高気温は、九州から近畿と関東甲信は28℃前後で、きのうと同じか高い所が多くなりますが、平年より低い所がほとんどです。東北は25℃未満の所が多く、きのうより低い所が多いでしょう。温度差の大きくなる所がありますから、服装選びに、ご注意下さい。

きょうの天気 北海道も次第に雲が多く

北海道は、晴れ間のでる所がありますが、気圧の谷の影響で、ゆっくり下り坂です。夕方から雨の降りだす所がありそうです。最高気温は、太平洋側で20℃を下回る所が多くなりますが、北部の内陸部では25℃を超える所がありそうです。

沖縄は、夏の太平洋高気圧に覆われるため、だいたい晴れますが、沖縄本島では午後にかけて雲が多いでしょう。最高気温は30℃を超える所が多い見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい