浅間山で火山性地震が増加 噴火警戒レベル1が継続 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

浅間山で火山性地震が増加 噴火警戒レベル1が継続

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


気象庁によりますと、浅間山では、昨日(20日)7時頃から火山性地震が増加しています。今後の火山活動の推移に注意してください。

火山活動の状況

浅間山では、2019年10月上旬以降、地震活動は低調に推移していましたが、昨日(20日)7時頃から山体浅部を震源とする火山性地震が増加しています。火山性地震の回数は、昨日は38回、今日(21日)9時までは9回(速報値)です。また、昨日は火山性微動が2回発生しました。火山性微動の発生は2019年9月9日以来です。噴火警戒レベルは1(活火山であることに留意)が継続しています。引き続き、火口から500mの範囲に影響を及ぼす程度のごく小規模な噴火の可能性があります。

一方、昨日頃からわずかな傾斜変動が認められます。火山活動がさらに活発化する可能性がありますので、今後の火山活動の推移に注意してください。

防災上の警戒事項等

火口から500mの範囲に影響を及ぼす程度のごく小規模な噴火の可能性がありますので、地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。また、突発的な火山灰噴出や火山ガス等に注意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい