週間 2~3日ごとに雨 週の後半は寒の戻り 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 2~3日ごとに雨 週の後半は寒の戻り

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


この先も低気圧と高気圧が日本付近を交互に通過して、2~3日ごとに天気が崩れるでしょう。27日(木)は一時的に冬型の気圧配置に変わり、寒気が流れ込みます。寒の戻りとなり、日ごとの寒暖差が大きくなりそうです。

あす 低気圧の雨は朝にかけて 夜は寒気で雪

あす26日(水)は、前線を伴った低気圧が次第に東の海上へ。かわって北から寒気が流れ込むでしょう。

九州から近畿の太平洋側は明け方にかけて雨が降り、局地的に雷を伴って雨脚が強まることもありそうです。日中は天気が回復するでしょう。日差しで気温も上がりそうです。

東海と関東は、明け方にかけて雨の降る所が多いでしょう。通勤通学の時間帯は関東の沿岸部(神奈川県・千葉県)で傘が必要な所も。日中も雲が広がりやすく、夜は関東の沿岸部など、一部でにわか雨がありそうです。

山陰から北陸は、すっきりしない天気です。朝晩は雨で、北陸は夜から山沿いを中心に雪になりそうです。東北は、朝にかけて南部の太平洋側で雨や雪が降りやすいでしょう。夜は日本海側を中心に雪で、太平洋側にも雨雲や雪雲が流れ込みそうです。

北海道は、おおむね晴れる見込みです。

木・金曜日 一時的に冬の寒さ

27日(木)は一時的に冬型の気圧配置となり、寒気が流れ込みます。28日(金)にかけて九州から近畿の太平洋側、東海や関東、東北と北海道の太平洋側は晴れますが、気温の上がり方は鈍いでしょう。日中も真冬のような寒さに感じられそうです。寒暖差で体調を崩さないようにして下さい。

九州から北海道の日本海側は雲が多く、強い寒気(平地で雪の目安:上空1500メートル付近でマイナス6度以下)が山陰付近まで南下する見込みです。北陸は雪の所が多く、山陰も山沿いを中心に雪がまじるでしょう。

29日(土)は本州付近を低気圧が東進して、九州から東北まで雨。本州をはさむように2つの低気圧が進む予想です。そして3月のスタートは雲が広がりやすく、すっきり晴れる所は少ないでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい