週間 全国的に高温傾向 曇りや雨続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 全国的に高温傾向 曇りや雨続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


12日(水)頃から寒気にかわって次第に暖気が流れ込み、再び季節外れの暖かさになるでしょう。関東から九州では最高気温は20度くらいまで上がる所もありそうです。全国的にすっきりしない天気が続き、北海道や東北でも雪よりも雨が降りやすくなるでしょう。

あすの天気

あす11日(建国記念の日)は冬型の気圧配置は緩み、日本付近は広く高気圧に覆われる見込みです。北海道や東北の雪は昼頃までにはやんで、次第に晴れ間の出る所があるでしょう。北陸も朝には雪や雨がやんで次第に天気が回復する見込みです。関東甲信や東海は山沿いでは朝まで雪の降る所がありそうです。日中は広く晴れるでしょう。近畿から九州も日中はおおむね晴れますが、夕方から次第に雲が増えてきそうです。沖縄は大体晴れるでしょう。

あさって以降の天気

あさって12日(水)以降は、低気圧や前線の影響を受ける日が続きそうです。全国的に曇りや雨の日が多くなりそうです。気温は高めですので、これまで雪が主体だった北海道や東北も、今週は雪より雨が降りやすくなるでしょう。積雪の多い所では雪崩に注意が必要です。

また季節外れの暖かさに

この先、またもや季節外れの暖かさがやってきそうです。これまでの強い寒気はあす11日(火)以降、次第に北上し、かわって南から一気に暖気が流れ込む見込みです。最高気温は13日(木)頃から15日(土)まで関東から九州ではほとんどの所で15度以上になり、20度を超える所もあるでしょう。東北でも一部で15度以上となりそうです。北海道では真冬日の所はなく、日中はプラスの気温になるでしょう。平年よりも10度前後高くなる所もありそうです。ただ、この暖かさも一時的です。本格的な春はまだ先で、来週になると再び気温が下がり、一転して関東などでも最高気温が10度に届かない所が多くなりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい