東北 節分低気圧のち雪の立春 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北 節分低気圧のち雪の立春

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


2月3日(月)の節分に低気圧が北日本を通過して、4日(火)立春からは冬型の気圧配置になるでしょう。東北地方は、北部や日本海側を中心に雪が降り、まとまった雪となる所がありそうです。

1日(土)~2日(日)日本海側を中心に雪

1日(土)は冬型の気圧配置が続き、日本海側を中心に雪や雨の降る所が多くなりそうです。2日(日)は冬型が緩んでいくため、日本海側の雪や雨の範囲も次第に狭くなるでしょう。

3日(月)節分から5日(水)にかけて まとまった雪

3日(月)節分は、前線を伴った低気圧が、発達しながら北日本付近を通過するでしょう。日本海側を中心に雪や雨が降り、風が強まりそうです。低気圧や前線の向かって暖かな空気が流れ込み大気の状態が不安定となり、雪や雨の降り方が強まるおそれがあります。落雷や突風などにお気をつけください。日本海側北部の内陸や太平洋側北部では降雪量が多くなりそうです。

4日(火)立春から5日(水)にかけて冬型の気圧配置が続くでしょう。日本海側では断続的に雪となりふぶくおそれがあります。山沿いを中心に今季一番の降雪量となるところがありそうです。晴れる太平洋側でも、山沿いを中心に、にわか雪やにわか雨の所があるでしょう。雪まつりや雪の少なかったゲレンデでは待望の雪となりそうですが、積雪による交通障害や路面の凍結、屋根からの落雪などには十分にご注意ください。

北部を中心に、この時期らしい寒さ

東北北部上空1500メートル付近には、5日(水)頃をピークに平年より5度以上低い寒気が流れ込む予想です。このため4日(火)立春以降の気温は、北部を中心に平年より低い日が多くなりそうです。西よりの風も強めに吹くため、実際の気温より寒く感じられそうです。万全の防寒で暖かくしてお過ごしください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい